日本よ・・・
プロフィール

akatuki∞

Author:akatuki∞
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のマスゴミは嘘と偏向ばかり。日本を亡国に導く捏造報道ばかりしている


谷垣総裁のTPP発言を真逆に捏造。毎日新聞の虚偽報道


マスコミが、凄まじい偏向を行いました。
これはあまりにひどい!!

谷垣
参加するかどうかというのは、ホントに参加するかどうかもう少し議論しなければなりません
まだ国論も相当、集約してません
きちっと議論していこうと思います。あんまり拙速に判断してはいけないと思います!



対して、毎日新聞社の報道
以下、比較のため一部抜粋引用。
(参考:文化庁HPより抜粋資料:著作権「引用」)

TPP:「交渉参加し、判断するべきだ」…谷垣総裁

自民党の谷垣禎一総裁は15日のテレビ東京の番組で、政府が交渉参加を検討している環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「全体の協議もしないことでいいのか。協議しながら国策、国益にかなうか判断しないといけない」と述べ、交渉には参加すべきだとの考えを示した。
(中略)
谷垣氏は同番組で「参加するか、もう少し議論しないといけない。あまり拙速に判断してはいけない」とも話した。

(後略)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111016k0000m010058000c.html
上記記事、web魚拓

毎日新聞社が配信した記事のタイトルは「TPP:「交渉参加し、判断するべきだ」…谷垣総裁」です。

谷垣総裁が推進派、そして自民党も推進と受け取ることでしょう。
しかしこれは事実ではありません。
偏向という生ぬるい捏造ではなく、これは虚偽報道と断じていい。

ネット上を見ても、「谷垣には失望した」「いままで自民を支持してきたが」という嘆きの声が多々。
むしろこのような反応こそが狙いだったのではないでしょうか。


また、こんな事も・・・

まずこれ。

誤ってだと。よく言うわ。明らかに意図的だろう。


次にこれ。

【論説】 「『日韓経済は1つ!』と、韓国が唱え始める…日本も、胸を借りるつもりで議論にのってみてはどうか」…日経編集委
「胸を借りる」とは相手を格上と認めている言い方。南鮮が日本より格上だと日経が書いたのである。
あの物真似、反日、クレクレ捏造国家がである。


そしてこれ。
民主党が韓国に5兆円の経済支援を決定

 日韓両国は19日の首脳会談で、韓国銀行(中央銀行)と政府・日銀が結んでいる外貨融通協定(スワップ協定)の限度額を現在の5倍強の700億ドル(約5兆4000億円)まで拡大することで合意した。韓国では欧州債務危機に端を発した世界的な金融市場の混乱で通貨ウォンが急落し、ドルなどの外貨不足が懸念されている。日韓両国は今後の緊急時の備えとして融通枠を拡充し、東アジアの金融為替市場の安定強化を目指す。(2011/10/19-13:53)


日経が書いた格上の国に、大借金を抱え、さらに国内の震災の復興のためと称して増税する国が、隣のインチキ泥棒国に復興費用より大きな金を与えてやるというのだ。

過去に貸した金は全く返さないで、慰安婦だの竹島強奪、基地建設だの、日本の国会議員の入国拒否だの、ナントカ委員会を作って莫大な金を電通を通して日本のマスゴミや政界にばら撒いて日本を支配しようと画策している連中にである。当然過去の歴史から考えても、この金は返さない。

ミンスは基地外だ。国賊政党だ。売国奴だ。

日本人の血税を反日の連中に与えて、日本を解体するつもりだ。
なのにマスゴミは何も書かない。

日経を見れば分かるように、南鮮が国家破綻しかかっていることを全く記事に書かずに、むしろ絶好調だと言わんばかりに持ち上げて、「胸を借りる」だと。
これが天下の日経の記事なのか?
もう日経の書く記事など当てにならないということだ。

--------------------------------------------------------------------------------



「中韓を知りすぎた男」より転載  http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-797.html


日曜日の「真相報道バンキシャ」を見ていますと、
ある韓国のパプリカ栽培の成功者の農場を取材してまるで米韓FTAを
韓国農業者たちが賛成しているような報道をして、日本もTPPに早く
乗らないと国際社会から取り残されるような洗脳報道をしていました。

しかし実際は韓国メディアによるとソウル中心部で11日、計約2万
人の農民や労働組合がFTA反対デモに参加して、機動隊のバスの窓を
破壊、多数の負傷者が出るような過激な行動をしています。

韓国メディアの世論調査によると、国民の大多数がFTA反対の意志を
示しています。しかし日本のテレビ報道は、米韓FTAによって日本の
産業がまるで韓国に全て負けてしまうような、焦りを誘うような報道
をしていました。

何故日本のメディアは、韓国の大規模デモや集会をほとんど報じないで
嘘の情報操作で世論を誘導するのか!「真相報道バンキシャ」とよくも
まあ言えたものです。「歪曲報道バンキシャ」です。






「第2次韓流ブーム」到来か 訪韓日本人急増、雑誌の特集も続く
http://www.j-cast.com/2011/10/11109652.html?ly=cm&p=1

レンタルDVD一番人気は洋画、邦画抜いて韓流らアジア作品
http://www.news-postseven.com/archives/20111009_33107.html

しかしこれは捏造されたモノだった事がバレる。

       ↓

「女性セブン」がツタヤで韓流ドラマが洋画、邦画を抜いたと捏造したことが発覚
http://sukechanv.blog.fc2.com/blog-entry-343.html








Googleが運営する動画共有サービス「YouTube」が韓国からのアクセスを遮断したと発表。「韓国」と設定されているユーザーは動画をアップロードすることができなくなり、また再生にも規制が掛けられ、再生数も反映されなくなるという。

何故このような処置が執られたのだろうか? 実は韓国は国家ぐるみで自国K-POP推しをするために「YouTube」を使い、再生数を何百万回と再生数を上げているのだ。通常「YouTube」では1ユーザーにつき1回までしか同動画でカウントされないが、韓国ではツールを使い複数のアカウントを切り替え再生数を捏造している。

そのためブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンといった世界的トップアーティストよりも、少女時代の再生数の方が上になってしまっている。こういったアタック行為に対して処置が執られたという。

韓国は「ブランド委員会」というものがあり、このようにYouTubeの再生数を伸ばす仕事が実在する。もちろん韓国側は表だって認めていない。木村太郎氏がこの件を発言したところ、干されてしまったことは記憶に新しいだろう。この発言により韓国の「ブランド委員会」からクレームが入り、圧力が掛かったと言われている。

しかしこのようにYouTubeに対策を取られてしまってはどうしようもなくなった今、ユーザーの設定国を偽装するツールを使ってでもアタックを仕掛けてくるのだろうか?

参考記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/14/news006.html

参考記事(英語)
http://www.nytimes.com/2011/09/05/technology/naming-names-on-the-internet.html





騒音おばさんの真実



 $はやぶさのブログ$はやぶさのブログ
 
$はやぶさのブログ


数百人から数千人のデモは、報道の自由を理由に取り上げないくせに、数十人のデモは取り上げる朝日、毎日、読売、NHK、etc.

これが本来、中立、公正な立場を旨とするマスゴミの今の実態。非常に危険である!
特定のモノの忠実な犬として、尻尾を振って仕分け報道する日本のカスゴミ。
こんなアンフェアなものを信用、信頼しろというのか!?
NOである。
信用しない自由。信頼しない自由。
余程、ネットのほうが使用できる。嘘があっても真実があるから。
今のマスゴミには選択の自由もない。あるのは偏向ニュースばかり。

    ↓

NYに続け「東京を占拠」 格差是正など訴えデモ
(略)
日比谷公園にも約100人が集まり、・・・(略)

(朝日)
http://www.asahi.com/national/update/1015/TKY201110150170.html

 「もう誰も、メディアのいうことは信じない」という少し過激なキャッチの下に、7月31日、岩波セミナールームで「マスコミ九条の会」のシンポジウムが開かれた。高田昌幸さん(北海道新聞)、中村卓司さん(神奈川新聞)、永田浩三さん(元NHKプロデューサー)が集まり、司会は桂敬一さんが務めた。

 深刻なのは、報道各社の取材力が急激に落ちていることだと高田さんは指摘。今は紙面の8割以上が発表モノで占められ、やたらに世論調査が行われる。手間ヒマかからず簡単なのだ。
 見たこと聞いたことを書くだけで、掘り下げることをしないのはレポーターであって、記者ではない。組織が巨大化し、官僚化・保守化する。記者の仕事は細分化され、そこにネットによる情報の断片化・高速化がかぶさる。取材態勢も旧態依然のタコ壺配置のまま。というのが原因だろうが、縦割りの「クラブ主義」から「テーマ主義」への切り替えはすぐにでもできることだ。それと東京発信一極集中を転換せねば、と主張する。
 そして権力監視の力が衰えたというより、もともと基本的に官公庁の「従軍記者」であったのでは、と問題提起して、市民と連帯する一人ひとりの記者がいかに強くなるかが重要だという。



公正な報道ならならまだしも、明らかに世論を操作しようという意図を感じる偏向報道が多い今のマスゴミは、まさしく百害あって一理なしである。むしろ日本をダメにする毒饅頭といっていい。
いっその事無くした方が良い。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akatuki707.blog.fc2.com/tb.php/144-b7224623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。