日本よ・・・
プロフィール

akatuki∞

Author:akatuki∞
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大震災と不逞朝鮮人の暴虐  & 外国人参政権は要らないと大多数の在日韓国人が思っている?


避難所の子供達(関東大震災)

避難所の子供達(関東大震災)




関東大震災は、大正12(1923)年9月1日、午前11時58分に関東地方で起こりました。

マグニチュードは7.9、まさに巨大地震です。



震源地は、相模湾北西沖80km。

東京だけでなく、千葉、茨城から静岡県東部までの広い範囲に甚大な被害をもたらしました。

この被害規模は、日本災害史上最大ものです。



公式に記録されている被害の概況は次の通りです。



死者・行方不明者 14万2800人
負傷者   10万3733人

避難人数  190万人以上

住家全壊  12万8266戸

住家半壊  12万6233戸

住家焼失  44万7128戸(全半壊後の焼失を含む)

その他   868戸



地震の発生時刻は、ちょうどお昼どきでした。

炊事の時間帯であったことから、合計136件に及ぶ複数の火災が同時発生し、これに能登半島付近にいた台風の余波による強風が重なって、被害がいっきに加速したとされています。



ところがおかしいのです。

過日の東日本大震災は、東日本全域を襲い、大きな津波による被害は、街を壊滅させました。

さらに福島原発の事故がこれに重なった。

日本史上最大といっていいこの地震で、被害者となった死者、行方不明者は、警視庁のまとめによると、



死者 1万5741人

行方不明者 4467人

です。



合計しても2万208人です。

関東大震災は、14万人。

この被害規模の差は、いったい何なのでしょうか。



関東大震災で、死者行方不明者を大量に出したのは、火災によるものです。

火は、火災旋風を引き起こしながら広がり、鎮火したのは2日後の午前10時頃です。

被災地の気温は、この間、ずっと40度を超えるものだった。



東京の本所区横網町(現在の墨田区の一部)にあった本所区被服廠では、2万430坪の敷地の中で火炎流にのみこまれた人々が、この一カ所だけで3万8千人も亡くなった。



でも待ってください。

なぜ本所の被服廠に、4万人近い人が集まっていたのでしょうか。



要するに、ここに人が集まっていたのは、震災発生後の避難民たちだったのです。

つまり、本所区被服廠に集っていたのは、震災によって焼けだされた人達が、そこに4万人も避難していた。

そこに火災が襲った。

つまり、地震発生時ではなく、地震発生後、避難民が集まっていた避難所で悲劇が起きたのです。



現実には、震災そのもの、あるいは震災時の火災そのもので亡くなったり行方不明になった人は、数千名から1万名程度だったろうと言われています。

14万人の死者、行方不明者のうち、なんと13万人は、震災後に亡くなられているのです



当時の新聞を見てみましょう。



「朝鮮人、隊をなして石油・爆弾使い放火」

(小樽新聞 大正12年9月3日号外第一)

 

「朝鮮人、各所暴動検束数千名」

(小樽新聞 大正12年9月3日号外第三)

 

「朝鮮人、横浜~王子放火」

(大阪朝日新聞 大正12年9月3日号外)



「朝鮮人、爆弾・放火・王子横浜で軍隊と衝突」

(荘内新報 大正12年9月3日号外第十八報)



「朝鮮人、屋根から屋根へ放火 婦人凌辱 略奪」

(新愛知 大正12年9月4日号外)


「朝鮮人浦和高崎に放火検挙 爆弾所持し唯氷峠列車爆破自白」

(名古屋新聞 大正12年9月4日号外第二)



「朝鮮人、殺人虐殺凶悪ぶり 進行中の列車に爆弾投げつける」

(福岡日日新聞 大正12年9月4日号外)



「朝鮮人、爆弾・掠奪・鮮人・銃殺」

(小樽新聞 大正12年9月4日号外第一)



「朝鮮人捕縛 爆弾其の他押収。軍隊が治安維持に出動したため、不逞鮮人は爆弾を携帯しながら各地方へ退散、鎮圧鎮静化へ」

(九州日報 大正12年9月4日号外第三)



「朝鮮人暴挙は完全取締を遂行」

(大阪毎日新聞 大正12年9月4日号外第二)



関東の地震なのに、報道は地方のものばかり、とお気付きになられる方もおいでのことと思います。



大正時代のことです。

当時、新聞社は、東京に一局集中していました。

この頃の新聞は、活版印刷といって、一文字ずつ文字を手作業で拾って並べて新聞紙の印刷をしています。

東京にあった新聞社は、ことごとくこの活版印刷のための活字ケースが地震発生によって倒れ、活字が散乱し、印刷機能が停止してしまったのです。



さらに大火によって東京日日新聞・報知新聞・都新聞を除く13社がすべて焼失した。

最も早く復旧した東京日日新聞が9月5日付夕刊を発行するまで、首都における新聞報道は完全に麻痺してしまっていたのです。



このため、地方新聞の支局員が、関東大震災の模様を取材し、それを地方にある自社新聞印刷所に連絡し、これが各地での号外となったわけです。



号外記事の見出しを見ると、震災後の混乱の中で、在日朝鮮人たちが屋根から屋根へ放火したり、略奪、暴行、婦人凌辱等、悪さの限りを尽くしていたことがわかります。

さらに在日朝鮮人たちは、爆弾まで使って放火、略奪を繰り返し、あげく、軍隊によって鎮圧された、とある。



そして当時の政府は、公式発表として「不逞な朝鮮人については、三々五々群を為して放火を遂行、また未遂の事実があるけれど、既に軍隊の警備が完成に近づきつつあるので、国民のみなさんは、恐れないでください」というステートメントを通達として出しています。



また、大阪毎日新聞では「警視庁、不逞鮮人暴動を沈静化」するだけでなく、「不逞ではない朝鮮人」保護のため、警視庁が「取締りは完全に遂行せよ」と急告通達を出している。



警察には、繰り返し、多数の不逞朝鮮人による事件通報がはいりました。

一方、不逞在日朝鮮人たちによって身内を殺され、家を焼かれ、財物を奪われ、女子供を強姦された多くの日本人たちは、青年団を中心に自警団を編成し、朝鮮人たちの暴行に備えました。



政府は「不逞鮮人では無い鮮人」の保護を閣議決定し、彼らを各所に収容を指示します。



警察では、警視総監の赤池濃氏が、「警察のみならず国家の全力を挙て、治安を維持」するために、内務大臣・水野錬太郎に「戒厳令の発布を建言」した。



戒厳令というのは、いっさいの法の執行を停止して、すべてを「軍の管制下におく」というものです。

これを受けて内務省警保局長後藤文夫が、各地方長官に向けて以下の内容の警報を打電しています。



「東京付近の震災を利用し、朝鮮人は各地に放火し、不逞の目的を遂行せんとし、現に東京市内に於て爆弾を所持し、石油を注ぎて放火するものあり。

既に東京府下には一部戒厳令を施行したるが故に、各地に於て充分周密なる視察を加え、朝鮮人の行動に対しては厳密なる取締を加えられたし」



更に警視庁からも戒厳司令部宛に

「朝鮮人の中の不逞の挙について、放火その他凶暴なる行為に出る者ありて、現に淀橋・大塚等に於て検挙したる向きあり。

この際これら朝鮮人に対する取締りを厳にして警戒上違算無きを期せられたし」



本来、震災の直後にあっては、互いに助け合って、被災者の救助にあたったり、火災の延焼を防ぐため、みんなで力を合わせたり、あるいは怪我人を介抱し、生き残った老人、婦女、子供たちの安全を図り、みんなで協力して食料の確保や情報ルートの確保しなければなりません。



生き残った日本人が、そうして互いに助け合おうとしているのを、朝鮮人達は助け合うどころか、逆に暴徒と化して日本人を襲い、食料を奪い、暴行を働き、あるいは人殺しをし、婦女を強姦したのです。



被災地の多くの日本人は、暴徒と化した朝鮮人を恐れました。

だから若者たちを中心に、自然発生的な自警団も生まれた。

街の安全を確保するために、各所に自警団が関所を設けたりもしています。



その関所では、朝鮮語では語頭に濁音が来ないことから、道行く人に「十五円五十銭」や「ガギグゲゴ」などを言わせ、うまく言えないと朝鮮人として追い払いました。



なかには方言を話す地方出身の日本内地人や聾唖者が、こうして追い払われたというケースもありました。

不幸な出来事だと思います。



一般的にみて、自警団が設けた関所では、ガギグゲゴの発音ができない者は、「ここを通るな!」とやったろうし、集団でそこを強行突破しようとする者があれば、当然、そこでもみ合いの喧嘩が起こったということは容易に想像がつきます。

日頃おとなしい日本人が、そこまで追いつめられていたということです。

当然、そこまで追いつめられたのには、理由があった、ということです。



横浜の鶴見警察では、署長の大川常吉氏が、朝鮮人約300名を保護しました。

これを知った地元の自警団約1000人が、朝鮮人たちを差し出せ、と警察にやってきます。

それまでに彼らの身内等がひどい目に遭わされていたのです。



署長の大川氏は、

「朝鮮人を諸君には絶対に渡さん。この大川を殺してから連れて行け。

そのかわり諸君らと命の続く限り戦う」と自警団の者たちを追い返しています。



さらに大川所長は、「毒を入れたという井戸水を持ってこい。その井戸水を飲んでみせよう」と言って一升ビンの水を飲み干したりもしました。



こうして署長は、朝鮮人たちを守っています。



日頃、おとなしく従順な日本人が、1000人も集まって警察に団交に行ったという事実は、注目に値します。

決して全ての朝鮮人が、というわけではないでしょうが、一部の朝鮮人たちが日本人の家屋や商店、婦女子を襲い、地元の日本人たちが相当に腹を立てていたという事実が、ここに象徴されている、ということです。





軍隊も同様に、多くの朝鮮人を保護しました。



また警察は、朝鮮人・中国人などを襲撃した日本人を逮捕しています。

殺人・殺人未遂・傷害致死・傷害の4つの罪名で起訴された日本人は362名に及んだ。



注意しなければならないのは、先に暴虐の限りを尽くして暴れ回ったのは、朝鮮人たちだった、ということです。





大正12年からはるかに時代が下って、関東大震災からやがて30年が経ち、ひとびとの記憶から朝鮮人の暴行の記憶が薄れはじめた昭和28年のことです。



この関東大震災における朝鮮人暴徒事件に関して、ふたたび問題が再燃します。

関東大震災のとき、朝鮮人達がいわれなく6000人殺された、というのです。



戦後、日本にいた朝鮮人達は、GHQによって準戦傷民族の地位を与えられました。

そして朝鮮戦争の勃発によって、大量の朝鮮人達が日本に来日した。



そこへ、戦前逮捕されていた共産主義者たちが牢屋から出てきて、日本人が関東大震災時に、朝鮮人6000人を殺害したと、いい加減なデマを流しはじめたのです。


6000人という数字は、いきなり降ってわいた数字です。

何の根拠もありません。

それをいうなら、彼ら朝鮮人によって、どれだけの日本人が殺害されたのかを、まず知るべきです。



一説によれば、関東大震災は、震災そのものによる死亡者よりも、その後の人災によるものが20倍の被害を発生させているといいます。

その20倍というものが、彼ら朝鮮人によるものだというのなら、朝鮮人による日本人被害者は、13万人ということになります。



冒頭に、関東大震災の死者、行方不明14万人と書きました。

けれど、震災による直接の被害者は、おそらく数千名であったろうと言われています。



要するに13万人を超える死者、行方不明者は、震災の二次災害によって亡くなられた。

その二次災害というのは、火災、略奪、暴行、強盗、強姦、殺人です。



朝鮮人たちは、自分たちこそが被害者であると言います。

日本人は、差別主義の悪逆非道者であるというわけです。



けれど事実は、大震災の発生を奇貨として、不逞朝鮮人達が無抵抗の日本人を相手に、略奪、暴行、強姦、殺人の限りを尽くし、甚大な被害を発生させたというのが、関東大震災の被害です。


これに対する対抗措置として、自然発生的に街の自警団ができあがり、暴徒と化した朝鮮人達から普通の市民を守ろうとしたわけです。


要するに、朝鮮人達が、ふつうに、被災した日本人とともに、互いに助け合い、被災者の救助や街の復興に普通に協力していれば、そもそも何の問題も発生していなかったし、死者、行方不明者もわずか数千名で済んだ筈だったのです。

現に、朝鮮人以外の外国人に関しては、まったくこうした暴徒問題は発生していない。

たとえば当時、首都圏には多くの台湾人がいたけれど、台湾人が震災の際に暴徒と化したなどという話は、ただの1件も発生していません。

にも関わらず、自分たちの不逞行為は棚にあげ、あたかも朝鮮人こそ一方的な被害者であると言い出し、それも、事件の記憶が薄れ、実体験した人たちがだいぶ減ってきた昭和28年ごろ・・・事件から30年も経ってから、なんの根拠もなく6000人が「殺された」と主張しているのが在日朝鮮人たちです。

非常に卑しい行為です。

見下げ果てた行為というのは、このことをいいます。



おもしろいもので、人間というもんは、過酷な極限状態に置かれたとき、それぞれの本性というか、得意なパターンの行動をとるものです。



小さな例では、たとえば同一人の泥棒は、必ず毎回同じ手口をとる。

喧嘩になったとき、大声を出す人は、必ず大声を出して怒鳴るし、黙って手を出す人は、やはり毎回モノも言わずに手を出します。

泣き出す人は先に泣くし、必死に説得しようとする人は、まずしゃべる。



同様に民族的にも、極限状態に置かれた民族は、たとえば

ドイツ人は激しく自己主張します。

ロシア人は、大量殺戮する。暴飲、強姦をします。

支那人は、集団となると悪趣味な残虐行為を働く。

朝鮮人は、火病を起こして暴徒と化し、集団で女性が死ぬまで強姦し、死んだ後は屍姦する。



日本人はというと、過酷な情況になればなるほど、我が身を犠牲にしてでも、周囲を助けようとします。

旧日本軍の軍人さんたちがそうでした。

近くは東日本大震災や、阪神大震災、新潟地震等でも、同様の行動パターンでした。



むしろ自分よりまわりの人を助けようとして、多くの人が命を落としたりする。

それが日本人です。

教育とかそういう次元の問題ではなく、これは民族的DNAのはたらきである、としかいいようがない。



こうした傾向は、すべての○○人に当てはまるというわけでなく、当然、個体差(個人による行動パターンの違い)はあります。

朝鮮人でも、立派な人はたくさんいるし、現に関東大震災の際でも、不逞でない朝鮮人達はいた。そうした人たちは、日本の警察や軍隊が、当時、しっかりと保護しています。全部が全部ではない。

日本人にも、おかしな奴はいる。しっかりした人もいる。

けれど、それでもなお、民族的傾向性というものは、厳然として存在する。

そしてその「傾向性」は、時を超えて、なお繰り返すのです。


いま、在日朝鮮人たちは、「自分たちは差別されてきた」といいます。

しかし彼らに対して私たち日本人が行ってきたのは、「差別」などでは決してありません。

彼らがしてきた行為から、私たちの父祖たちは彼らを「警戒」してきたのです。

ここまで書いてしまったので、もう1つ、お話しを続けます。

大東亜戦争中の話です。

日本軍は、支那事変が始まる以前から、軍属として多くの朝鮮人を雇用していました。



支那事変勃発後からは、朝鮮人にも志願制度が敷かれ、朝鮮人が正規兵として日本軍に参加した。

その頃の話です。



~~~~~~~~~~~

「鍼灸医の体験した日本軍の香港占領」

著者 謝永光 翻訳 森幹夫 社会評論社 1993年



九龍が占領された翌朝、農夫の姿に変装した二人の女性が、有名な作家侶倫(原名李林風)の家の門を叩いた。

頭巾をとると、鑽石山(ダイヤモンド・ヒル)の某映画製作所に避難していた女優であることが分かった。



彼女たちは恐怖に引きつった表情で、日本軍の馬丁に暴行された昨夜の出来事を打明けた。



当時の鑽石山はまだ一面の荒れ山で、未完成の映画制作所があるだけだった。製作所の経営者は避難してきた彼の会社の管轄下の職員や俳優をかくまっていた。



最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。

ところがある日、突然5~6人の「獣兵」が現れ、麻雀をしていた4人の女優を輪姦したという。


前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。

当時朝鮮は亡国の運命を辿り、台湾も日本の植民地であった。

日本は兵力不足のため、大量の朝鮮人や台湾人が戦場に駆り出されていた。



香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、 日本の正規軍よりももっと凶暴だった。



このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、 ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。



当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。



日本軍が占領下にあった香港では、アヘン販売や売春市場は朝鮮人たちが取り仕切っていた。

~~~~~~~~~~



要するにこれが事実です。




日教祖、同和のチンピラが日本の教師、闇法案とセットになっている巨額な利権が朝鮮人の収入に、オカルト創価学会、日本女性を洗脳騙しわずかな金で朝鮮人に売るを、繰り返す統一教会、朝鮮人の生活保護を受けやすいように配置された朝鮮人地方公務員、などなど、、、。

日本社会の中枢に滑り込み日本人に成済まし(通名)で朝鮮人は日本全国、端から端まで配置されている。

政治家が日本人に成りすまして日本国民を騙している、つまり朝鮮人工作員に国会は侵略されている!

『1923年、真実の歴史を知っていた朝鮮人が屋根に油をかけ火をつけて、13万人の日本人を殺した!!これが真実です!!!!!』



ありがとうございます。大変参考になりました。お礼と言ってはなんですが、以下の記事をどうぞ。今回の地震で起きた犯罪です。

在日、震災を理由に30件の詐欺
時事2011年7月13日
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011071300613

YouTube - 義援金を盗んだ在日を逮捕 【東日本大震災】



あと、私が彼らに疑問を抱いたのが以下の記事での彼らの行動です。

【被災者が苦しむ大震災後の混乱の中、「朝鮮学校無償化にならないのはおかしい」と熱弁。(朝鮮新報2011年3月28日)】
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2011/03/1103j0328-00001.htm
【在日、震災逃れる為に祖国に一時帰国(2011年千葉日報3月17日)】日本社会の構成員である在日の方々が、震災が収まるまで祖国に帰国。http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1300325489



>本所区被服廠に集っていたのは、震災によって焼けだされた人達が、そこに4万人も避難していた。
そこに火災が襲った。

先日、NHKの歴史ヒストリアという番組で地震研究家の今村明恒について取りあげ、「本所区被服廠」に避難していた4万人もの人が火災で亡くなったと説明していましたが、ちょっと変だと思っていました。
今更ながら地方紙の号外タイトルにびっくりです。
戦後、とくに報道機関に在日の雇用枠が設けられたと聞きます。こういう記事も意図的に隠蔽されてきたとしか思えません。


おはようございます
知人からの口コミ情報です
某広告代理店関係者が「韓流擁護とフジデモ批判」をするように業界関係者に働きかけています
しかしながら「フジデモの広がり」を察知した一部の著名人は「韓流擁護とフジデモ批判」を拒んでいる模様です
これからも「仕事とお金」をチラつかせながら「韓流擁護とフジデモ批判」に力を入れることでしょう
「韓流擁護とフジデモ批判」に協力している者たちは「韓流利権に取り込まれた者」と理解していいと思います

某広告代理店関係者はかなり焦っています
継続していきましょう


先日のお台場デモの批判記事が続々出てきており、四国新聞に中村うさぎが寄せた批判記事は、『関東大震災のときの朝鮮人の大量虐殺に通じるものが…云々』というものでした。
ハラワタが煮え繰りかえるとともに、やりきれない程、悲しい気持ちに襲われました。
関東大震災当時の事実を知らない人達が沢山いるのは事実です。
回りにいるネット以外の住民は、『ああ、あの朝鮮人が襲ってくるとかいうデマね。(地震のような)究極の状況だとおかしくもなるよね。』なんて、サラッと言ってしまいます。何も知らない人もいます。
何故、我々の祖先を貶める情報を疑わないのか、何故、対極にある情報に耳を傾けもしないのか。
情報弱者の日本人を置いてきぼりにする訳にいきませんが、自分から情報を取りにいかないと、簡単に洗脳のカモにされます。

不逞朝鮮人に家族や友人や恋人を辱しめられ自警団を組織した方々の悲痛な叫びが聞こえるようです。気の毒で堪りません。。
それなのに、あれらをまだ養うつもりの政府に、ただひたすら悔しい思いでいっぱいです。


nekouyoさんと同じ思いです。本当に悔しい。その一言です。

昨日のサッカーW杯アジア予選の北朝鮮戦をテレビで見ました。埼玉スタジアム観客席に拡げられたあの大きな北朝鮮の国旗。
真っ赤なシャツを着た北朝鮮のサポーターたち。制裁措置で入国禁止である我が国で、あれほど多くの北朝鮮人が簡単に集結できるのだという事実。

いつもは「ナショナリズム」云々、あるいは「若者の右翼化」などと批判しながら、北朝鮮の国歌が流れている間、感激して嗚咽しているチョン・テセをずっと映すマスコミ。
北朝鮮を「朝鮮民主主義人民共和国」と言い、試合中「北朝鮮、チャンスだ!!」と叫ぶ実況アナ。
正直もうたくさんだと思います。純粋に日本を応援することさえ阻むマスコミにウンザリです。


昨日は、野田内閣の文科相に中川正春、というのを聞いて唖然としました。パチンコ、朝鮮にべったりの政治家が朝鮮学校無償化問題も抱える文科省の大臣だなんて・・。

【民主党中川正春議員 北朝鮮からの脱北者の受け入れについての質疑 】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6807583

中川正春は、脱北者について、貧しい階層の人たちだけでなく、党の中の要職、軍の中の要職に就いていた人が脱北した場合も受け入れろと言っているのです。しかも「情報収集のために」というよりも「人権保護」から、「難民」として受け入れろと言っています。

これは「スパイを受け入れろ」と言っているのも同然です。
私は、脱北者を拉致被害者と同等に扱うことを前々から危惧していました。
上記の中川正春の質疑の中に「本音」が出ています。
「人権」という言葉で巧みに日本を侵略しようとしているのが判ります。

日本は「人権」の前に「「主権」を守るべきです。
国家主権をなし崩しにされる可能性のある「人権」は受け入れられない。そう、はっきり示すべきだと思います。

国家の主権を人権優先にすることによって失われるようなことがあれば、日本人は主権を持たない「奴隷」となってしまうんです。国家が失われれば、日本人は日本人として生きてはいけない。それは、日本にいながら、権利を失い、土地も財産も没収され、北朝鮮化、共産化となるのは目に見えています。犯罪に巻き込まれても、何も言えない、「奴隷化」の道しかありません。

朝鮮にたいして、少しでも隙を与えることは日本の破戒を進めることになりかねないと思います。

「いい人もいる」
「子供たちは関係ない」

この言葉によって拉致事件は「人権」問題のみの絡みと見なされ、「子どもの人権」や「犯罪者の人権」よりも「軽い人権問題」として扱われてしまっています。

朝鮮学校は「スパイ養成学校」であり、日本破戒工作員となりうる。これが真実です。実際に、マスコミには朝鮮学校卒がたくさんいる。

「人権」とはなんなのか。
昨日のスタジアムであれだけ大勢で北朝鮮旗を何本も掲げて観戦応援できる日本で何の不満があるのだろうか。何が人権侵害なのか。

人権を侵害されているのは、拉致被害者を返してももらえず、その犯人である国家の旗がスタジアムで揺らめいていてもな何も言えない日本人の方ではないのか?

余りに悔しい・・。



>14万人の死者、行方不明者のうち、なんと13万人は、震災後に亡くなられているのです。

i-265! 子どもの頃(50年くらい前)の避難訓練で、関東大震災を経験した小学校の校長先生が「火災が起きたら風下に逃げてはいけない」とお話ししていたのを思い出します。丁度地震の発生が昼近くで、家庭での煮炊きをしていた火が火災の原因だったように聞いた気がしています。横浜のはずれの小学校での話です。
 小学校には在日の子もいたでしょうから、いじめが発生してはいけないとの配慮から、校長先生は朝鮮人の放火について仰らなかったのでしょうか。

 小樽新聞や大阪朝日新聞などの記事の内容、つまり火災の発生とその広がりを詳細に知りたくなりました。

 昭和28年から関東大震災での朝鮮人虐殺捏造が始まっているというのもはじめて知りました。サンフランシスコ条約の発効は朝鮮人にとっては死活問題だったのですね。竹島問題の原点である李承晩ラインを敷いたこともそうですし

日本人としての資格を失う=生きていけないかもしれないという不安

そこから、あらゆる捏造を政治運動として韓国居留民団として、朝鮮総連として強化してきているのでしょうね。

「南京攻略」を「大虐殺」にすり替えるのと同様に、「暴虐に対する自警」を「虐殺」へ捏造しているのは大問題です。







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akatuki707.blog.fc2.com/tb.php/194-a54a7d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。