日本よ・・・
プロフィール

akatuki∞

Author:akatuki∞
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発を造ったのは誰ですか ?」東電少年の問いかけにあなた方は何と答えますか?


「東電だけを悪者にするのは無責任。日本人全体に責任がある」という小学校6年生ゆうだい君に、大人は何と答える

 少年犯罪が続発したとき、「なぜ人を殺したらいけないのか」という子どもの問いに、大人が頭を悩ませたことがあった。今回の問いは、それより難問かもしれない。日本を原発列島にしたのは誰なのか。

原発を造ったのは誰ですか

〈突然ですが、僕のお父さんは東電の社員です〉

 こんな書き出しで始まる一通の「投書」が大反響を呼んでいる。この投書は毎日小学生新聞編集部に届けられたもので、都内に住む小学校6年生「ゆうだい君(仮名)」が、その筆者。

 内容は同紙3月27日付紙面に掲載された元毎日新聞論説委員で経済ジャーナリストの北村龍行氏が書いた「東電は人々のことを考えているか」というコラム(「NEWSの窓」)に反論するというもの。投書は5月18日付の毎日小学生新聞に掲載され、翌日には毎日新聞夕刊社会面でも大きく取り上げられた。

 小学生新聞に掲載された手紙が毎日新聞本紙に転載されること自体、珍しいことだが、この反響について、毎日小学生新聞編集長の森忠彦氏はこう語る。

「ゆうだい君の手紙を紙面に掲載したのは、原発問題の本質を率直に書いていると思ったからです。その後、読者の小学生に原発をどう思うかについて、紙面で『ゆうだい君への手紙』を募集したところ、続々と手紙が寄せられています。みんな、原発問題を自分のこととして考えていますね。

 また、この手紙は毎日新聞でも紹介されましたが、ゆうだい君の問いかけには子どもだけでなく、大人もズキリとさせるものがあったということでしょう」

 手紙の中身を紹介する前に、この「東電少年」が反論したという北村氏のコラムの内容を簡単に見ておこう。同コラムは、東電という一つの会社が起こした原発事故が、日本社会に与えた影響の大きさを綴った後、事故処理に躓いていることを指摘し、その理由を東電が地域独占で競争がなく、危機対応能力を磨く訓練を受けていなかったからだと述べている。

 子ども向けに書かれたものだけに、結論部分も、東電のような会社に原発運営をまかせていたのは「本当はとても危険なことだったのかもしれない」と極めてシンプルだ。

 これに対して、「東電少年」ゆうだい君は、次のように反論するのだ。

〈(北村氏のコラムを読んで)無責任だ、と思いました。(略)

 原子力発電所を造ったのは誰でしょうか。もちろん、東京電力です。では、原子力発電所を造るきっかけをつくったのは誰でしょう。それは、日本人、いや、世界中の人々です。その中には、僕も、あなたも、北村龍行さんも入っています〉

 こう書いた後、少年は、発電所が増えたのは、日本人が電力を過剰に消費してきたからであり、なかでも原発が増えたのは、地球温暖化を防ぐためだと主張する。ここまでは、まるで原発推進派の言い分そのもの。彼が推進派の大人たちと違っているのは、地球温暖化を進めたのも世界中の人々で、だから、

〈原子力発電所を造ったのは、東電も含み、みんなであると言え、また、あの記事が無責任であるとも言えます。さらに、あの記事だけでなく、みんなも無責任であるのです〉

 と続くこと。もし、東電社員や原子力村の住人たちが同じことを口にしたら、それこそ袋叩きに遭うのは目に見えている。もっとも、ゆうだい君は「僕は、東電を過保護しすぎるかもしれません」と自分の立ち位置まで冷静に分析しており、実に心憎い。そして、みんなで話し合うことが大事だと締めくくるのだ。

保安院と東電社員は大感激

 さて、このゆうだい君が投げかけた「東電だけを悪者にするのは無責任。日本人全体に責任がある」という命題。大人たちに意見を聞いた。

 まず、東電と並んで原発の危険性を見逃し続けてきた原子力安全・保安院の広報担当者が語る。

「よく勉強しているなと感心しました。原発は彼が書いているように、東電という一電力会社が造ったわけではなく、日本も含む世界のエネルギー政策の要請で造られた。電力会社はそれを実施したに過ぎません。

 現在、過去のエネルギー資源問題から、文明論、地球温暖化にも触れ、原子力エネルギーなくして成立しない日々の暮らしまで冷静に考えている。原発に反対する人は昔から、ずっと感情的に反対で、冷静に考えることがない。それに比べても、この小学生はよく考えています」

 彼らにしてみれば「国民みんなの責任」論は、自分たちの罪を軽くしてくれる免罪符。さぞ心地よく響くだろう。強力な援軍を得た東電社員にも聞いた。

「自分の子どもが、この子のようなことを考えていてくれたら、本当に嬉しい。東電社員としては、政府にも言いたいことがたくさんある。でも、東電再建を担保に取られている以上、菅総理や政府に何も言えない。情けないですが、この子は我々の声を代弁してくれています」(中堅幹部)

「こういう投書が新聞に載ったことが非常にありがたい。東電の社員が同じことを書いても、絶対に取り上げてもらえないでしょう。閉塞感ばかりの日常のなかで、この少年の手紙は東電社員にとって光です。無駄な電気を大量に使った結果、原発を増やさなければならなくなった。それはみんなに責任がある。彼の言うとおりですよ」(別の幹部)

メディアと御用学者も悪い

 東電社員がゆうだい君に救われた気持ちになるのは理解できるが、「原発は安全」と散々聞かされてきた挙げ句の今回の事故。それで、あなたたち国民にも責任があると言われても釈然としないのもまた事実だろう。

 ただし、保安院や東電のような関係者でなくとも、この投書の主張に賛同する声は少なくない。

 お茶の水女子大学名誉教授の藤原正彦氏は言う。

「少年が反論したという元のコラムも読みましたが、少年のほうが正しい。東電にも責任はあるけれど、彼らは政府や保安院、安全委員会など国家の基準に沿ってやってきた。その意味では国にも責任がある。しかし、一番責任があるのは国民です。原発はテロの危険性もあるし、他国では警察や軍が警備するのが常識。そういう体制がないのは、国民の危機意識が低いからです。だから、今回のような危機にも対応できない。

 私はいずれ原発は全廃すべきだと考えていますが、ここ20~30年は苦渋の選択として安全をはかりながら、原発でつなぐしかない。その間に他のエネルギーを研究する。それが大人の考え方で、あのコラムのように東電だけがクロというようなオール・オア・ナッシングではいけないのです」

 自らのコラムを少年から「無責任」と批判され、藤原氏からも苦言を呈された筆者の北村氏はこう語った。

「少年の文章はよく書けていると思います。ただ、みんなが豊かになるために原発を造ったというけれど、電力供給を原発に頼るかどうかについて社会的な合意があったわけではない。経産省や資源エネルギー庁、電力会社が選択した。そこには、原発のようにコストのかかる発電方式のほうが、電力会社が儲かるという電力料金の査定方法の問題がある。そういう構造を抜きにして、みんなが原発を造ったと言われてもねぇ……。まぁ、こんなこと小学生が理解しているはずがないし、そこまで要求できない。反論するのは難しいですね(苦笑)。

 ただ、世間にも、少年と同じように『国民が生活を豊かにするために原発を選んだ』という論調がありますが、これは違う。こういう誤った論理をメディアが流してきたから、少年も同じ発想をしたのでしょう。だから、誤解を撒き散らしたメディアに責任があると言えるのかもしれません」

 もちろん、一義的に東電が悪いという意見は多い。

「『国民みんな』が悪いというところが問題です。今回の大事故の責任は、漫然と誤った原子力政策を進めてきた東電、そして政府にある。それを明快にしないと、責任の所在が曖昧になる。確かに都市生活者は、原発からの電力を購入し、電気料金を支払っています。

 しかし、それは一社独占のため、原発からの送電はイヤだといっても選択の余地がないからです。原発の電気を『使っている』のではなく、『使わされている』。同時に危険も押しつけられる。さらに事故で国民の健康被害が出たら、増税や電力料金値上げで経済的負担まで押しつけようとする。まったく悪質です。

 この少年には、ずっと原発に反対していた人がいて、その声が無視されてきたこと、責任は東電と国にあること、原発がいかに危険なものであるかを教えてあげるべきでしょう」(ルポライター・鎌田慧氏)

「この坊やが言うように、原発について以前から冷静な話し合いができていれば良かったのでしょうが、政治的にもイデオロギー的にも激しい対立があって、いまさら話し合いは難しいというのが現実です。

 最大の問題は、一社独占体制にあります。東電はかかった費用に応じて電気料金を値上げできるため、コスト意識が低い。これは経営ではありません。それに、彼らはずっと安全だと言ってきた。それが今回の事故の原因になっている」(評論家・大宅映子氏)

 次に話を聞いたのは、原発に反対する茨城県東海村村議の相沢一正氏。JCO臨界事故以降、住民の健康被害に国が対応するよう求めている人物である。

「過去、何度もトラブルを起こしながら、データ改竄やデータ隠しを行ってきた電力会社、それを支えてきた国家や、原発メーカー、御用学者たち。その責任は大きい。臨界事故を経験し、放射能漏れ事故が起きるとどれほど悲惨な事態になるか、私たちは経験した。しかし、事故を起こした側は、JCO、親会社の住友金属鉱山、核燃料サイクル開発機構、国と、責任の所在を曖昧にする。東海村では年に1回の住民の健康診断だけは実現できましたが、これは国の責任を追及しつづけたからです。まだ健康被害の実態調査が行われないなど不十分ですが、『みんなに責任がある』というようなことでは、それすら実現しなかったでしょう」

少年よ、東電に責任がある

 原発推進派で、今回の事故でも当初から「冷静な対応を」と言い続けている大阪大学名誉教授の宮崎慶次氏の見方は、独特だ。

「(感心した様子で)少年は『父親が東電』と堂々と名乗っているんですねぇ。私の息子が小学生のとき、担任が反原発的なお考えだったようで、授業で原発は危険だと言われた。それで息子は、親父が原発を造っているといっていじめられたんですよ。

 今回の事故の反省として、我々はリスクをきっちり研究してこなかった。原発は国家の繁栄や文化的進歩のために必要ですが、今後は他の代替エネルギーにも力を入れていくべきでしょう。責任? それは今まさに政府や対策本部が事故対策をやっているわけですし、事故の直接原因は大地震ですから・・・」

 原発に反対する評論家の佐高信氏は、責任の定義そのものについて語った。

「責任というものには段階があって、戦争犯罪でもA級、B級と分けた。今回の事故でも東電のトップは重い責任を負わなければなりませんが、一般社員の責任の重さはまた違う。責任の腑分けをしなければなりません。

 それをやらないから東電社員の子どもがいじめられるとか、とんでもないことが起こる。誰かに全責任を負わせるのは日本的な考えですが、責任というものは、全責任か責任がまったくないかという、100とゼロでは分けられません。東電だけでなく、政府や関連企業にも責任があるのに、少年の手紙ではそこが無視されていますね」

 最後に、原子力安全委員会委員長代理などを歴任した原子力村の住人でありながら、事故後、真っ先に謝罪した大阪大学名誉教授の住田健二氏に聞いた。

「みんなが原発を容認したというのは、私たち推進派の言い分であり、反対している人たちは容認なんかしていない。それは間違いありません。少年が言うように、仮にみんなが原発を容認したとして、では今回の福島第一原発のような大事故を容認できるかといえば、たとえ原発を推進してきた人でも容認できるはずがない。その後の対応にしても同様です。

 リスク研究が足りなかったことは事実ですし、見通しが甘かったと言われれば、その通りです。そのうえで、今回の事故について言えば、東電に責任がある。ここまで大きな事故になってしまったのは人災です。対応が遅かったり、情報を出さなかったり、被害を受けた住民に対して土下座するだけでは済みません。また、菅総理にしても、浜岡原発を突然停止してみたり、批判の矛先をかわすことに終始しているのはいただけません」

 小学6年生のゆうだい君の投書を巡って、大人たちもまさに議論百出。それだけ、この少年の投書が原発問題の本質を衝いていたことは間違いない。だが、ゆうだい君には酷な話だけれど、大人たちの話では、「東電が悪い」という意見が多かった。原発から吐き出される放射能で一番被害を受けるのは子どもたちだ。だからこそ、将来、日本を支える子どもたちのために、原発なんか造るべきじゃないという大人たちもいる。

 ゆうだい君、納得できないかもしれないが、そのときは編集部に反論を送ってくれればいい。言ったこと、起こしてしまったことには責任を持つ。東電だけじゃない、それが大人の社会のルールなんだ。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/7219

スポンサーサイト


コメント
1. 無題

保安院については、いつか書こうと思っていたのですが、東電の方にばかり気を取られていたので、遅くなりましたが漸く読者のリクエストに応える事が出来ました。
保安院の動向不安にも困ったものです。
[2011/06/11 16:20] URL | 藤枝俊一郎 #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akatuki707.blog.fc2.com/tb.php/21-db48c6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。