日本よ・・・
プロフィール

akatuki∞

Author:akatuki∞
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売国奴集団 【教育の癌】日教組と戦うヤンキー先生の授業 & 元首相から戦争を知らない日本人へ 








国、道から併せて約6億円の予算をつけて作った教科書の中身に書いてある仰天の内容。
それは、バカチョンポッポの主張のまんま。日本国民とは、在日カンコク、キタチョウセンジンも含むとの内容だった。
こういう教科書を作り、それを使って北海道の北教組は反日売国教育を行なっている。
信じられない話だ! まさしく日本人の敵、日教組!!


-------------------------------------------------------------------------------------------


アメリカ人も知らない太平洋戦争の事実
日米開戦のシナリオを作ったのは共産主義のスパイだったという真実


東条英機氏の孫娘さんのインタビューです。









◆日本同胞国民諸君 ①

今はただ、承詔必謹するだけである。私も何も言う言葉がない。

ただ、大東亜戦争は彼らが挑発したものであり、私は国家の生存と­国民の自衛のため、

止むを得ず受けてたっただけのことである。

この経緯は昭和十六年十二月八日の宣戦の大詔に特筆大書されてい­るとおりであり、

太陽の輝きのように明白である。

ゆえにもし、世界の世論が、戦争責任者を追及しようとするならば­、

その責任者は我が国にいるのではなく彼の国にいるということは、

彼の国の人間の中にもそのように明言する者がいるとおりである。


◆日本同胞国民諸君 ②
 
不幸にして我が国は力不足のために彼の国に敗けたけれども、 正理公議は厳として我が国あるということは動かすことのできない­ことである。
 力の強弱を、正邪善悪の基準にしては絶対にいけない。

人が多ければ天に勝ち、天が定まれば人を破るということは、天道­の法則である。

 諸君にあっては、大国民であるという誇りを持ち、天が定まる日を­待ちつづけていただきたい。

日本は神国である。

永久不滅の国家である。
 
皇祖皇宗の神霊は畏れ多くも我々を照らし出して見ておられるので­ある。

諸君、願わくば、自暴自棄となることなく、 喪神落胆することなく、皇国の命運を確信し、 精進努力することによってこの一大困難を克服し、 もって天日復明の時が来ることを待たれんことを。 



◆日本青年諸君に告げる。

我が日本は神国である。この国の最後の望みはただ諸君一人一人の­頭上にある。私は諸君が隠忍自重し、どのような努力をも怠らずに­気を養い、胆を練り、現在の状況に対処することを祈ってやまない­。

現在、皇国は不幸にして悲嘆の底に陥っている。しかしこれは力の­多少や強弱の問題であって、正義公道は始終一貫して我が国にある­ということは少しも疑いを入れない。

また、幾百万の同胞がこの戦争のために国家に殉じたが、彼らの英­魂毅魄は、必ず永遠にこの国家の鎮護となることであろう。殉国の­烈士は、決して犬死したものではない。諸君、ねがわくば大和民族­たる自信と誇りをしっかり持ち、日本三千年来の国史の導きに従い­、また忠勇義烈なる先輩の遺旨を追い、もって皇運をいつまでも扶­翼せんことを。これこそがまことに私の最後の願いである。思うに­、今後は、強者に拝跪し、世間におもねり、おかしな理屈や邪説に­おもねり、雷同する者どもが少なからず発生するであろう。しかし­諸君にあっては日本男児の真骨頂を堅持していただきたい。

真骨頂とは何か。忠君愛国の日本精神。これだけである。



日本同胞国民諸君◆英米諸国人に告げる

今や諸君は勝者である。我が邦は敗者である。この深刻な事実は私­も固より、これを認めるにやぶさかではない。しかし、諸君の勝利­は力による勝利であって、正理公道による勝利ではない。私は今こ­こに、諸君に向かって事実を列挙していく時間はない。しかし諸君­がもし、虚心坦懐で公平な眼差しをもって最近の歴史的推移を観察­するなら、その思い半ばに過ぎるものがあるのではないだろうか。­我れ等はただ微力であったために正理公道を蹂躙されたのであると­痛嘆するだけである。いかに戦争は手段を選ばないものであるとい­っても、原子爆弾を使用して無辜の老若男女数万人もしくは数十万­人を一挙に殺戮するようなことを敢えて行ったことに対して、あま­りにも暴虐非道であると言わなければならない。

もし諸般の行いを最後に終えることがなければ、世界はさらに第三­第四第五といった世界戦争を引き起こし、人類を絶滅に至らしめる­ことなければ止むことがなくなるであろう。

諸君はすべからく一大猛省し、自らを顧みて天地の大道に恥じるこ­とないよう努めよ



日本から戦争を仕掛けるよう、罠を掛けたアメリカ

戦わざるを得なかった日本

マッカーサーの言葉

「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないので­­す。

彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。錫(すず)が無­­い、ゴムが無い。

それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。

もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から12­­00万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。

したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全­­保障の必要に迫られてのことだったのです」

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akatuki707.blog.fc2.com/tb.php/250-4df0daa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。