日本よ・・・
プロフィール

akatuki∞

Author:akatuki∞
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦問題は嘘であり、捏造だった!!
>慰安婦問題は嘘であり、捏造だった!!

従軍慰安婦問題を仕掛けたのは日本人( 朝日新聞 )

慰安婦問題の発端(1991年)から今日に至るまで、その主役は一貫して朝日新聞であった
http://kuyou.exblog.jp/1564021/

半島メモ
http://freett.com/iu/memo/Chapter-010406.html
慰安婦
http://www.geocities.jp/youdai0713/kan/ian.htm

檀君 WHO's WHO「青柳敦子」さんを参照
http://kamomiya.zive.net/C01a.html
困ったおばさん
http://kamomiya.zive.net/Souko/C01/Aoyagi/Obasan.htm

従軍慰安婦考
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/daitoasenso/taigaishinryaku_jugunianfu.htm

慰安婦問題の歴史
http://www.interq.or.jp/sheep/clarex/datsgohsen/datsgohsen07.html

アジアの真実
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/cat_441675.html


焦点はただ一つ、「旧日本軍による強制性の有無(日本軍が女性を誘拐して、強制的に慰安婦にしたという主張)」ですが・・・

>現在までに強制性の証拠は存在しない。
植民地支配当時、(デモが頻発する朝鮮ですら)慰安婦問題に抗議のデモがあった記録さえない。


 「私の戦争犯罪-朝鮮人連行-」(著者:吉田清治)の中に、「済州島で強制連行をやった」という証言が出ています。そこで、>千葉大(当時)の秦郁彦教授が現地で調査したところ、簡単に嘘がバレました。

http://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist3_2_2.htm

『従軍慰安婦』という単語自体、千田夏光の造語です。
■5.慰安婦番組での仕掛け■
 ちなみに、この番組では、元慰安婦のインタビュー場面が出てくるが、ここでも悪質な仕掛けがあった。元慰安婦が語る場面で、日本語の字幕で

 戦争が終わると日本人は誰もいなくなっていたんです。私たちは無一文で置き去りにされたんです。

 と出ているのだが、実際には、インドネシア語で、

 あの朝鮮人は誰だったろう。全員がいなくなってしまったんです。私たちは無一文で置き去りにされたんです。

 と話していたのであった。慰安所の経営者は朝鮮人であり、戦争が終わると、慰安婦たちを見捨てて、姿をくらましたのである。

従軍慰安婦問題(下)より・・・

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog107.html


「慰安婦騒動」の発端となった「私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録」の著者 吉田清治吉自身が慰安婦狩り証言について、「フィクション」だったと認めてます。

http://www.tamanegiya.com/jyuugunniannfu.html
昭和18年5月に205名の若い女性を、従軍慰安婦にする為に奴隷狩りをした。
私は直ちに部落内の狩り出しを命じた。路地に沿って石塀を張りめぐらせた民家は戸が閉まっていて、木剣を持った兵隊が戸を開けて踏み込んで女を捜し始めた。(労務報国会)隊員や兵隊達は二人一組になって、泣き叫ぶ女を両側から囲んで、次々に路地へ引きずり出してきた。若い女性ばかり八人捕らえていた。

長崎刑務所に昭和15年から17年6月まで2年間服役。

労務報国会の動員部長に前科者は就任できない。

戦後は下関市の市会議員に共産党から立候補したが落選。

そして・・・・・
「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」

平成8年(1996年)5月29日付の週間新潮から。

→→吉田清治さん、あなたのおかげでとんでもないことになってますよ・・・・・orz

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akatuki707.blog.fc2.com/tb.php/26-307ea31d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。